skip to contents.

新メニュー!角質ケア!

こんにちは上板橋の商店街にイタリアンがあればなと思うけいしです

 

6月から角質ケアを新しくメニューに加わります。

夏はサンダルやミュールを履く機会も増えると思いますが、折角のオシャレもガサガサかかとだと残念ですよね。

しかも角質ケアの効果はそれだけじゃないのです。

 

その効果の前になぜガサガサの角質はできるのでしょうか?

ひじやひざは他の肌と比べて毛穴や皮脂腺の数が少なく、汗や皮脂があまり出ないうえに、ほおづえをついたりひざを床につけたりと、日常の動作の中で刺激を受けやすいため、皮膚の防御作用により角質が厚くなる傾向にあります。結果、ガサガサしたりゴワついたり、黒ずみが出やすくなるというわけです。

 

また、かかとの場合は全体重を足裏で支えていることもあり、その圧力は相当なものです。圧力から足裏を守る自衛本能でますます硬くなると同時に、靴下やストッキングでの摩擦、素足にサンダルなどで水分が奪われることで、どんどん角質が分厚くなってしまうのです。この古い角質を残したままにしておくと、内側の水分を含んだ新しい細胞が上に上がることができず、乾燥がさらに進み角質が分厚くなってしまいます。最悪の場合は、乾燥した餅のようにひび割れた状態になってしまいます。

 さてそんな角質を取り除くとこんな良いことが!

 

【冷え性の緩和】

足の裏に固い角質があることで、足の裏からの刺激が伝わりにくくなり、血行が悪くなります。その結果、血流の流れも悪くなり冷え性へと繋がるのです。

角質をとりのぞき、足裏からの刺激をしっかり伝達させることで、血流を促し体温を3~4度上げることができます。

また、逆に冷え性によって血行が悪くなると末端まで栄養や水分が届かず、角質も硬くなりやすくなります。

角質を取ることで足裏からの刺激を与えることができ、血行が良くなり、冷え性も緩和されます

 

【足の匂いの解消】

足の臭いの原因の一つに古く固くなった角質があります。足の裏に潜んでいる微生物が古い角質を活動源にして、においをはっせいさせています。更に、その微生物は靴などを履いて蒸れて柔らかくなった角質を好みます。

 

【裸足に自信】

カサカサした角質による靴下やストッキングの引っかかりがなくなり、赤ちゃんのような柔らかな足になりますので、予期せぬところで突然、裸足になるようなときでも、慌てず人前で自信がもてます!

角質ケア 20分 ¥1980

ぜひお試しください