skip to contents.

チェンマイのタイ古式マッサージのスクールに行く!CCA編3

こんにちは、今日はオイルマッサージな気分のけいしです。

CCAの2日目
風邪気味なのかのどが痛い・・・

8時45分には学校に到着。
今日もすでに沢山の生徒さんが食堂に居ました。どうやら早く来て朝ごはんを食べているようです。
まずは3階で着替えて、足を洗って9時までお祈りの部屋で時間を潰します。
喋る人が出来たので学校が楽しくなってきました。

授業は毎日が新鮮で、先生の言葉を一言も聞き漏らすまいという気合で受けていました。
正しいと思っていたことが間違っていたり、自己流でやっていた事が正しかったりと、手技を一つ一つ何故こうするのか?という理由付きで教えてくれるので、考え方が身につきます。考え方がわかると応用が効くので、とても勉強になります。

そして自分のこれまでのやり方とCCAのやり方が違う場合が当然あります。この自分流を修正するのが結構大変でこれまでの経験が邪魔をします。なので、知識を一回全部忘れて、頭をまっさらにする必要があります。これは他の生徒さんも言ってましたので、他で習った人のあるあるなんですかね。
そういう意味では未経験者の方が癖がない分やりやすかったりするのかもしれないです。

そろそろお腹空いたな~って頃に12時になります。

席は特に決まっておらず、大盛りと普通盛りだけは別れています。ウォーターサーバーがあるので飲み水には困りません。コップも自由に使って良いのです。食べ終わった後のお皿は跡で先生が洗うので、流しに置いてコップは自分達で洗います。この辺は特にインターンから説明を受けたわけではなく、生徒さんから教えてもらいました。
基本的にスクールはこちらから聞かないと教えてくれないスタンスです。
なので、私が2週間通っている間に勝手がわからず戸惑っている初日の生徒さんは何人か見ました。
自分の初日がそうだったので、困っているなと思ったら声を掛けたりしていました。
後になって自分より先に居た生徒さん達とそういう話になった時、やっぱり勝手がわからず困ったから新しい生徒さんには教えてあげるようにしたと言っていました。みんな同じ思いをしていたんですね。

お昼休憩中にCCAで売っているタイパンツを10枚購入。

この柄結構探してもなかなか売ってなくて、先日行ったワロロット市場でやっと見つけたんですが、そこで値切って買ったよりこっちの方が40バーツも安かった。
スーツケースはもう入らないし、荷物も増やしたくなかったので(荷物が増えるだけでパニックになるタイプ)一番安い船便で送る事に。
2~3ヶ月かかるといわれていますが、最近は2~3週間で日本に着くらしいです。
実際、私もチェンマイに居る間に日本に送り届いたので2週間もかからなかったです。
伝票の書き方と郵便局の場所を教えてもらい学校が終わってから郵便局に行きました。
20時くらいまで空いているので助かります。CCAはうすから歩いて10分強くらいです。
重さで値段が決まるのですが約1000バーツで事足りました。
タイ語と英語も喋れなくても問題なかったです。まぁ郵便局のスタッフは困っていましたが・・

荷物を出し終えて、ニマンヘミン通りのほうまで足を伸ばして帰ろうとちょっと歩くと
LOVE発見!

西新宿だけじゃなかったんだと思いました。

その後、チェンマイ大学アートセンターでもろローカルなナイトマーケットをやっていました。

ちょっとブレてますけど。
土産物とか一切なく、当然観光客も居らず、生活用品とかが売っていました。
10バーツのアイスを食べながら帰宅しました。