skip to contents.

チェンマイのタイ古式マッサージのスクールに行く!CCA編2

こんにちは、上板橋はもちろん、大山、ときわ台、東武練馬、下赤塚からも来てもらえたら嬉しいと思っているけいしです。

前日、インターンに初日なので少し早めに登校して下さいと言われていたので20分前に着くように学校へ向かう。CCAはうすから学校までは2回曲がるだけなのでとくに迷わず到着。
すでに沢山の生徒さんが居ました。

書類をちょっと書いてとっても簡単に学校の中を説明を受けました。
1階は食堂、2階が事務所、3階にロッカーとお祈りする部屋があり、4階が授業を受ける部屋でした。

CCAは練習着を上下用意してあるので楽です。でも、中にはお股が破れているタイパンツがあるので履く前に要確認です。
9時からお祈りがあるので、着替えて足を洗ってやることないのでお祈り部屋で待機です。
人見知りな私はすっごく緊張していたのですが、同じCCAはうすに宿泊しているJさんが気さくに話しかけてくれて緊張が少しほぐれました。
Jさんは前日もCCAはうすで気さくに話しかけてくれたとっても良い人です。
そして私と同じ今日からスタートのYちゃん。なんか他にも今日からって人がいるってだけで安心します。
お祈りの言葉は教科書の1ページ目に載ってたので見ながら一緒に唱えます。
お祈りが終わるとインターンから今日のランチの発表があり、大盛り希望者の確認がありました。
4階に移動して授業かと思いきや、朝のエクササイズが始まります。これは毎日内容が違います。多分ルーシーダットンだと思われます。
見よう見まねでがんばる(けっこうきつい)
エクササイズで若干疲れながらも、やっと授業がスタートです。

最初に簡単な座学があって先生が説明しながら施術を見せて、生徒同士で交互に施術を行います。

それぞれが交互に練習し終わると次の技に進むので、ひとつの技を練習できるのは授業中には1回ってことになります。(早く練習を終えた人が、まだの人達を待っているので、あんまり待たせちゃいけないとちょっと変なプレッシャーがあります。)

CCAは教える量が多いというのは知っていましたが、それは同時に授業中に練習の時間がないという事に気付く。
うーんわかっていたとは言え、他のスクールは一度卒業すると無料で通えるのに対し、CCAは料金がかかるので、授業中に練習時間が短いのはちょっと想定外。

そんなこんなでお昼を食べて、15時におやつを食べて18時で授業終了。
18時までは、やはり長いです。途中眠気や集中力が切れます。
残って練習する事もできますが、初日特有の気疲れで早々に帰宅しました。