skip to contents.

チェンマイのタイ古式マッサージのスクールに行く!オンタイマッサージスクール編3

東京はまだまだ寒いですねケイシです。

オンスクールのゲストハウスは朝7時くらいに近所の鶏が起こしてくれます。
今日もスクールに向かうとスクールは開いてるんですけど人の気配がない
昨日までの活気はどこへ
昨日と同じように↓で足を洗って建物に入ります。

そこにオン先生がちょっと用事があるから待っててね~
と出かけていきました。しかし誰もいない・・・
写真撮り放題です。

やはり日曜日は受ける人少ないんだなーと思いながらうろうろしてたら相方発見!

どうやら今日は私と欧米人2人の3人だけだったみたいです。
そんなこんなでオン先生が戻ってきたので15分位遅れて授業スタート
今日はPOY先生に教わります。(用事があるといったオン先生じゃないところがアメージングタイ)
POY先生はそんなに日本語が上手ではなく、英語を混じえながら説明してくれたのですが、私が全く英語が喋れないので、先生の説明が理解できない・・・
結局、携帯の翻訳アプリを使っての説明になりました。
アプリを使ったのはちょっとした単語なので特に不自由なく授業を受けられました。

オンスクールの昼休憩は11時半から13時までです。
昼休憩の時にオンスクールに提出する証明写真を近所のカードスワンケーオで撮影しに行きそのままお昼を食べました。

とんかつみたいなのに甘いたれがかかったやつ
甘いたれは無い方が美味しかったかな 

午後からの授業は12歳までの子供向けのマッサージでした。
途中オン先生が様子を見に来てくれて自分の実体験など色々な話を聞かせてくれました
ベビーマッサージとなっていましたが、内容はベビーとキッズの2種類でどちらもオイルとかは使用しないマッサージでした。
マンツーマンなのでさくさく授業が進み早く終わったので授業修了時間の16時まで妊婦マッサージの練習をしました。

2日間受講してわかったこと
オン先生は私を教えながらもスクール全体に目を通して、みんなに大丈夫?大丈夫?と常に声をかけていました。多少授業から脱線した内容でも色々と教えてくれました。とても人の心を掴むのが上手な人。
スクール全体におおらかな空気が流れている。
授業はあまり細かいところまでは教えてくれないけど、基本がわかっている人なら問題ない。
庭が綺麗で癒される。
外国人に話しかけられるので英語が喋れない私は辛かった。

ってかんじでした。とても良いスクールでした。