skip to contents.

タイ古式マッサージは下半身のマッサージ

こんにちは、テニスボールを使ったマッサージにはまっているけいしです。

タイ古式マッサージって下半身をかなり念入りにほぐして行きます。
肩が疲れてるって言ったのに足ばかりマッサージされた!という経験のある人も多いと思います。私もタイ古式マッサージのセラピストになる前は思った事がありました。
これは、セラピストの説明不足による不満だと思います。なので、なぜタイ古式マッサージは下半身をほぐすのか説明したいと思います。

タイ古式マッサージでは人の体にはSEN(セン)と呼ばれるエネルギーラインがあるという考えの上に成り立っています。中国にも経路という考えがあります。これらは似通っていますが決して一致していません。目には見えないけれども、確実に作用する不思議な力。気といっても良いかもしれませんね。
このセンは72000本にも及びますが、タイ古式マッサージはその中でも特に重要といわれている10本のセンを指圧やストレッチを使って刺激していきます。

やっと本題です。ではなぜ下半身へのマッサージが多いのか?それは10本のセンのうち6本も下半身に集中しているからです。
辛いところだけ揉み解すのではなく、全身のエネルギーラインの通りを良くし、エネルギーの滞りを解消するのです。

伝えたところと全然違うところを揉まれたのは以上の理由があったからなんです。