skip to contents.

ストレッチで動脈硬化防止

こんにちは、マッサージ大好きけいしです。

今回はタイ古式マッサージといえばストレッチ!という事で血管とストレッチの話です。

血液サラサラを気にしている人は結構多いと思いますが、血管の硬さは気にしていますか?
同じくらい大事です。血管が硬いということは、すなわち動脈硬化です。あらゆる病気を誘発しやすくなります。
特に女性は閉経後に血管が硬くなるといわれています。

血管は筋肉でできていますが、その筋繊維をコラーゲンの膜が覆っています。
これだけだと柔らかい血管なんですがここに、糖が付着する(糖化)と筋肉の弾力が失われ、血管が硬くなります。

以前は一度硬くなった血管は柔らかくならないと思われていましたが、最近の研究ではストレッチで血管を元のように柔らかく戻るという事がわかってきました。
ストレッチをすると筋肉が伸び、それまでの糖化したコラーゲンを破壊し新しいコラーゲンを作ります。新しいコラーゲンが増えれば筋肉は柔らかくなるという仕組みです。

では次回はストレッチの方法を紹介していきます。
自分でするのも良いですが、タイ古式マッサージだと人にストレッチをしてもらえます。